Ride Small !

ホンダサイトより

ヘッダーイメージビッグバイクを豪快に操る。
それはオートバイの楽しみ方として一つの大きな醍醐味です。

でもね、小排気量ならではの楽しみもあるんですよ。
少ないというよりも、むしろ少し足りないと言ったほうがいいパワーを使い切りながらのライディングは、オートバイが持つもう一つの醍醐味である「オートバイをコントロール下に置くこと」を味あわせてくれます。

キャンプツーリングイメージ
ドッペルギャンガーサイトより

また、小排気量なら大きなバイクと比較して車体も小さく軽く作られているので、日々の足やちょっとしたツーリングにはもってこい!

最近流行りのラーツーやキャンプツーリングは、よほど長距離でない限り、その気楽さからむしろ小排気量の方が楽しめるのでは?

以下、具体的に小排気量のメリットを見ていきましょう。


ヘッダーイメージ51ccから125ccまでの原付二種と呼ばれるクラスなら50ccの原付一種が抱える面倒な制約

  • 制限速度(30Km/h)
  • 二人乗り不可
  • 二段階右折

からも開放されます。

そう。周りの交通の流れに乗って走れるということはなにより安全な上、うしろからコッソリとツケてくる紅いライトの憎いヤツに怯えながら走らなくてもいいわけですね(笑)

そして、125ccのスポーツタイプなら、足りないとはいえ50ccとは格段に違うパワーと原付スクーターとは比較にならない位しっかりしていながらも、無理やズボラは通じない車体でオートバイの基本的なライディングをちゃんと教えてくれるはず。


経済的な側面に目を移してみると、さらに魅力が見えてきます。

  1. 免許取得金額の違い
    千葉県内のとある教習所を例に挙げると、クラッチ付き小型二輪(125ccまで)とクラッチ付き中型二輪(400ccまで)とを、何も免許証を持たない状態で比較すると次のようになります。
    小型:¥184,900
    中型:¥215,700
    差額:¥30,800
    これを大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれですが、万単位の違いが有ることは確かです。また、小型免許を持っていれば、後に大型を取得するときには¥301,500(免許なし)が¥147,700(差額:¥153,800)になることも見逃せません
    小型に乗ってオートバイの基本を学んでから大型に挑戦するか、それとも一気に大型へ向かうか。それはアナタ次第ですが。
  2. 税金が格安
    125cc:¥2,400/年
    250cc:¥3,600/年
    251以上:¥6000/年 要車検
    一ヶ月わずか¥200です。子どもの小遣いとしても鼻で笑われる金額です(笑)
  3. 自賠責保険も格安
    125cc:¥9,950/24ヶ月(50ccと同じ額)
    250cc:¥12,200/24ヶ月
    251以上:¥11,520/24ヶ月 車検時
  4. 任意保険は別格の安さ!
    125ccまでの「原付き」は、原付き担保特約(ファミリーバイク特約)として自動車の任意保険に破格の値段で付帯することが出来ます。
    【被保険者やその家族が排気量125cc以下のバイクで事故を起こした場合、加入している自動車保険(対人賠償保険・対物賠償保険・自損事故保険など)の補償を受けられるもの。原動機付自転車に関する賠償損害担保特約。】 - デジタル大辞泉より –
    ※料金は各保険会社にお問い合わせください。
  5. いざという時の修理費が安い
    昔は125ccでも2気筒のエンジンを積んだものがありましたが、現在はほぼ単気筒エンジンのものが主流です。
    シリンダーやピストンが一つしかないわけですから、4気筒や2気筒のものに比べれば万が一壊れても修理費は格安で済みます。
  6. 実は燃費が良い
    乗ったことがない人には実感できないかもしれませんが、実は原付スクーターよりも燃費が良いことが多々あります。
    原付スクーターが常にフルスロットルで走ることが多いのに対して、125ccクラスになると同じ速度でも余りエンジンを回さなくても済むからです。
    実際、125ccスポーツバイクがツーリングでおとなしく走ると、50km/リッターというハイブリッド車も青くなるような燃費を記録しています。

ヘッダーイメージいかがですか?
小排気量の魅力・メリットがご理解いただけたでしょうか。

  • エンジンを回しきり繊細な操縦性を楽しみながらライディングの基本を学ぶも良し。
  • 小さく軽い車体を活用して手軽なツーリングをするも良し。
  • 単気筒エンジンで整備の基本を学ぶも良し。
  • しかもお安く!

小排気量は初心者だけに乗せておくのは勿体無い(^^)


ヘッダーイメージ初めて購入するオートバイの先生として。
二台目以降のセカンドバイクとして。

125ccをしゃぶり尽くしてみませんか?

ガレージリセスは、小排気量の楽しさを様々な切り口から提案していきます。

【参考】